【定年準備】パラレルキャリアを始めるには

定年後

定年準備の一つにパラレルキャリアへの挑戦があります。複数の職業を持つことで、定年後の人生をより豊かなものにする事が可能です。この記事では、パラレルキャリアと副業の違いや定年後に備えたパラレルキャリアのメリットと留意点、ホワイトカラービジネスパーソンのパラレルキャリア事例について整理しました。

パラレルキャリアとはなんですか?

パラレルキャリアは、一つの職業だけでなく、複数の異なる職業やキャリアパスを同時に追求することを指すキャリアアプローチです。通常、人々は単一の職業に焦点を当て、その分野でスペシャリストとしてスキルと経験を積み重ねることを追求しますが、パラレルキャリアの場合、同時に異なる職業に取り組み、多様なスキルと収入源を持つことが目的となります。

パラレルキャリアのメリットには、以下の点が含まれます:

  1. リスク分散: 複数の収入源を持つことで、経済的なリスクを分散することができます。一つのキャリアに依存しないため、不況や変化に強くなります。
  2. 興味や情熱の追求: 異なる分野で働くことで、異なる興味や情熱を追求する機会が得られます。これにより、自己成長や充実感を高めることができます。
  3. 多様なスキル獲得: 異なるキャリアで働くことで、多様なスキルを獲得し、幅広い経験を積むことができます。これは将来のキャリア進展に役立つことがあります。
  4. 副業収入: パラレルキャリアの一部として、副業を持つことができます。これにより、追加の収入源を確保できる場合があります。

 一方で、パラレルキャリアを進め上で留意点は、以下の通りです。

パラレルキャリアを運営するには、時間やエネルギーの適切な管理が必要であり、仕事と生活のバランスを保つことが重要です。また、異なる分野でのスキルを維持し、発展させるためには努力が必要です。

また、パラレルキャリアを検討する際には、自分の目標やライフスタイルに合わせて計画を立て、適切なサポートシステムを構築することが重要です。また、各職業やプロジェクトなどが相互に干渉しないようにすることも考慮すべきです。

パラレルキャリアと副業の違い

パラレルキャリアと副業は似ているが異なるコンセプトです。以下に、それらの違いについて説明します。

  1. メインキャリアの重要性:
    • パラレルキャリア: パラレルキャリアは、複数の異なる職業やキャリアパスを同時に追求するアプローチです。各職業はそれぞれ重要で、それぞれが主要な収入源となることがあります。パラレルキャリアの目的は、複数の職業を同等に重要視し、それぞれでスキルと経験を積み重ねることです。
    • 副業: 副業は、通常、主要な職業やキャリアに対する補完的な収入源として行われる活動です。副業は主要なキャリアの一部であり、通常、時間やエネルギーをそれに割いた後に行われます。主要なキャリアが副業に比べて重要性が高い傾向があります。
  2. 収入の役割:
    • パラレルキャリア: パラレルキャリアは、複数の職業を通じて収入を得ることが目的であり、それぞれの職業が収入の主要な源となります。
    • 副業: 副業は通常、追加の収入源として行われます。主要なキャリアにおいて得られる収入が主要であり、副業からの収入はその補完となります。
  3. タイムマネジメント:
    • パラレルキャリア: パラレルキャリアを成功させるためには、複数の職業に時間とエネルギーを適切に分配する必要があります。時間管理が非常に重要です。
    • 副業: 副業は主要なキャリアの後に行われることが多いため、時間的な調整が必要ですが、主要なキャリアが優先される傾向があります。

 つまり、パラレルキャリアは複数の職業を同時に追求し、それぞれが主要な収入源となることを目指すアプローチであり、副業は主要なキャリアに補完的な収入を提供する活動です。どちらも個人の目標や状況に合わせて選択できるオプションです。

なぜ今パラレルキャリア?

パラレルキャリアは、現代の労働市場とライフスタイルに適応するためにますます重要になっています。以下は、なぜ今パラレルキャリアが重要なのかについて説明します:

  1. 経済的な不確実性:
    経済は変動し、一つのキャリアに依存することはリスクを伴います。パラレルキャリアを持つことは、異なる収入源を確保し、経済的な不確実性に対処する手段となります。特に不況や産業の変化に対して強力なバックアップとなります。
  2. 多様なスキルと経験の獲得:
    パラレルキャリアは、異なる職種や分野での経験を積む機会を提供します。これは、個人のスキルセットを多様化し、将来のキャリア機会を拡大するのに役立ちます。多様なスキルと経験は、柔軟性を高め、新たな挑戦に対応できるようになります。
  3. 自己成長と充実感:
    パラレルキャリアは、個人の情熱や興味に合った分野で働く機会を提供します。自分自身を発展させ、充実感を高めるために、複数の興味を追求できます。これは、生活全体の満足度を向上させることにつながります。
  4. 技術とオンラインリソースの利用:
    パラレルキャリアを追求するためのツールやリソースがオンラインで利用可能です。多くの分野でリモートワークやフリーランスの機会が増加しており、個人が柔軟にキャリアを構築しやすくなっています。
  5. ワークライフバランスの強化:
    パラレルキャリアは、ワークライフバランスを強化する手段としても重要です。複数の収入源を持つことで、時間的な自由度を高め、個人の生活スタイルに合った働き方を実現できます。

 今日の環境ではパラレルキャリアは多くの利点を提供し、個人や家庭の経済的な安定性を高め、柔軟性を向上させることができる重要なキャリア戦略となっています。個人の目標やライフスタイルに合わせて、パラレルキャリアの概念を活用することがますます重要です。

定年後に備えてパラレルキャリアを始めよう

定年前に定年後の備えとしてパラレルキャリアをスタートすることは、多くの場合、有益な選択です。以下はその利点と考慮すべき点について説明します:

利点:

  1. 新たなスキルと経験:
    定年前にパラレルキャリアを開始することで、新しいスキルや経験を獲得できます。これは将来のキャリアや趣味に役立つことがあります。新しいスキルや経験を積むことで、より柔軟で多様なキャリアオプションが開かれるでしょう。
  2. 転職オプション:
    定年前に別の分野や職種での経験を積むことは、将来的に転職や新しい職業に挑戦する際の選択肢を広げます。新しいスキルや経験は、雇用市場で競争力を高めるのに役立つことがあります。
  3. 経済的安定:
    定年後の収入に備えるために、パラレルキャリアを開始することは経済的な安定感を提供できます。複数の収入源を持つことは、生活費や余暇活動にかかる費用をカバーするのに役立つことがあります。

考慮すべき点:

  1. タイムマネジメント:
    定年前にパラレルキャリアを始める場合、時間やエネルギーを適切に管理することが必要です。両方のキャリアを同時に適切にバランスさせることが課題となることがあります。
  2. ストレスと負担:
    両方のキャリアを同時に維持することは、ストレスや負担を増加させる可能性があります。これは健康に対する影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

最終的に、定年前にパラレルキャリアをスタートするかどうかは、個人の目標、ライフスタイル、健康状態に合わせて検討するべきです。十分な計画とバランスを保ちながら進めることが大切です。

パラレルキャリアの実例 ホワイトカラーのビジネスマン編

ホワイトカラーのビジネスパーソンのパラレルキャリアの実例は多岐にわたり、個人のスキルや興味に応じて異なります。以下に、一般的なホワイトカラーのビジネスパーソン向けのパラレルキャリアの実例をいくつか示します:

  1. ビジネスコンサルタントと著作家:
    ビジネスコンサルタントが主要な職業として経営コンサルティングに従事しながら、ビジネス関連の書籍や記事を執筆する。ビジネス知識を活用し、執筆によって知識を共有し、執筆キャリアを築く。
  2. 財務経理経験者と投資家:
    財務経理経験者が主要な職業として財務経理業務に従事しながら、株式や不動産に投資する。投資によって資産を増やし、財務経理スキルを活用して資産ポートフォリオを活かした投資活動を行う。
  3. ITプロジェクトマネージャーと教育者:
    ITプロジェクトマネージャーが主要な仕事を持ちながら、週末にプログラミングやテクノロジー関連のトレーニングを提供する。プログラミングが義務教育に取り入れられている今日、ビジネスヤンスがあると考えられます。

これらは、ホワイトカラーのビジネスパーソンが異なる分野でのパラレルキャリアを追求する一興味深い例です。個人のスキル、興味、目標に合わせて、さまざまな組み合わせが考えられます。

当メディア管理人
じょう

大学卒業後、日系の経理部員からキャリアをスタートし、欧米、台湾など主に外資系にて転職を経験。その間、マネージャーからCFOへと着実にキャリアアップを実現。
 定年後、会社設立し定年ぼっち起業。キャリアアップ経験、人事部ではなく採用部門側として700人以上の経歴確認や300人以上の採用面接の経験、求職側と採用側の両方の経験などを活かしたキャリアアップ支援を実施中。また、中小企業診断士、ITコーディネーター、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を活かした個人のライフ・バリュー・アップをサポート中。2024年4月国家資格キャリアコンサルタント合格。
 このサイトでは、「キャリア=ライフ・バリュー」と捉え、「自分らしくキャリアアップをしながら、ライフバリューアップを目指している人に向けてのコンシェルジュ」を目指して、情報を発信中。

じょうをフォローする
定年後
じょうをフォローする
タイトルとURLをコピーしました