【キャリアアップ】グローバル競争に勝つための言語スキル

キャリア

 現代の職業環境はますますグローバル化しており、言語スキルはキャリアアップにおいて不可欠な要素、成功の鍵の一つとなっています。どの業界においても、異なる言語を話す同僚やクライアントと円滑なコミュニケーションをとることが期待されています。
 今回は、言語スキルのキャリアへの重要性、ビジネスにおいて使用される上位10言語、日本人が外国語が苦手な理由、日本において英語スキルが重要な職種、日本の外資系企業において英語の使用頻度が高い部署、について整理します。今後のキャリアアップに参考にnなれば幸いです。

言語スキルのキャリアへの影響

語学スキルはキャリアにおいて非常に重要であり、様々な面でポジティブな影響を及ぼします。以下に、言語スキルがキャリアに与える影響についていくつかのポイントを挙げてみます。

  1. 国際的なビジネスチャンスの拡大:
    • 複数の言語を話すことで、国際的なビジネスチャンスが拡大します。異なる国や文化と効果的にコミュニケーションができると、国際的なプロジェクトや取引に参加しやすくなります。
  2. 多様な仕事へのアクセス:
    • 言語スキルを持つことで、異なる業界や職種での仕事にアクセスしやすくなります。特にグローバルな企業では、言語スキルが求められるポジションが増えています。
  3. コミュニケーション能力の向上:
    • 言語スキルが高まると、コミュニケーション能力も向上します。ビジネス環境では効果的なコミュニケーションがキャリアの成功に不可欠であり、言語スキルはその一環です。
  4. 国際的なチームでの効果的な協力:
    • グローバルなビジネス環境では、異なる文化や言語を理解し、異なるバックグラウンドを持つチームメンバーと効果的に協力することが求められます。言語スキルがあれば、より円滑なチームワークが期待できます。
  5. 国際的な展望とリーダーシップ:
    • 多言語を話すことで、国際的な展望を持ち、異なる市場や文化に対する理解が深まります。これはリーダーシップの資質として評価され、グローバルなリーダーとしてのポジションにつく可能性が高まります。
  6. 異文化理解と柔軟性:
    • 言語を学ぶことは、同時に異文化理解と柔軟性を養うことにつながります。これがキャリアの中での異なる状況への適応力や問題解決能力を高める要因となります。

総じて、言語スキルは単なるコミュニケーションツール以上のものであり、キャリア全体にポジティブな影響をもたらす要素となります。

ビジネスにおいて使用される上位10言語

具体的な割合は困難であり、厳密な統計データは環境や業界によって異なります。ただし、一般的な傾向として、以下はビジネス環境で頻繁に使用される上位言語のおおよその割合です。(ChatGPTの回答です。)これはChatGPTによる、あくまで一般的な推定であり、実際の状況は変動する可能性があります。また、私のいくつかの外資系企業経験からも、この推定値は(特に上位3つ)は違和感はありません。

  1. 英語:
    • 約20%から30%以上(国際的な取引やコミュニケーションの主要言語として)
  2. 中国語(普通話):
    • 約15%から20%(中国市場の拡大に伴い、重要性が増している)
  3. スペイン語:
    • 約7%から10%(ラテンアメリカ地域とのビジネスを考慮)
  4. アラビア語:
    • 約5%から8%(中東地域でのビジネス展開において)
  5. 日本語:
    • 約3%から5%(技術や自動車産業などの分野でのビジネスを考慮)
  6. ドイツ語:
    • 約3%から5%(欧州でのビジネスや技術分野で)
  7. フランス語:
    • 約2%から4%(国際機関やアフリカ諸国でのビジネスを考慮)
  8. ロシア語:
    • 約2%から4%(ロシアとのビジネスやエネルギー分野で)
  9. ポルトガル語:
    • 約2%から3%(ブラジルとのビジネスを考慮)
  10. 韓国語:
    • 約1%から2%(技術や製造業などでの取引を考慮)

これらの割合はおおよその推定であり、実際の需要は市場の特異性や企業の業界によって大きく異なります。ビジネス環境での言語スキルの選択は、企業が事業展開する地域や産業に焦点を当てることが重要です。

日本人が外国語が苦手な理由

日本人が外国語が苦手な理由はさまざまです。以下にいくつかの一般的な理由を挙げてみましょう。ただし、これはあくまで傾向であり、全ての日本人に当てはまるわけではありません。

  1. 教育体系の影響:
    • 日本の教育体系は、英語教育においても文法や試験対策に焦点を当てる傾向があります。コミュニケーション能力や実用的なスキルの育成が不足していると言われています。
  2. 独特な言語構造の違い:
    • 日本語は主語-述語-目的語の語順を持つ一方で、英語などの多くの言語は異なる語順を採用しています。このような言語構造の違いが、外国語学習を難しく感じさせることがあります。
  3. 文化的な差異:
    • 言語は文化と深く結びついています。外国語を学ぶ際、文化的な背景や言い回しの違いに戸惑うことがあり、これが学習を難しく感じさせる要因になることがあります。
  4. 継続的な機会の不足:
    • 外国語を実際に使う機会が限られていることが挙げられます。島国の日本は、ヨーロッパなど他の国と異なり簡単に国間で人の行き来が困難で、外国語に触れることが都心部を除き限られます。そのため、習得した知識やスキルを実践する場面が不足しており、外国語の習得が進みにくいことがあります。
  5. 言語への恐れや抵抗:
    • 外国語に対する恐れや抵抗がある場合、学習がストレスとなり、効果的に進まないことがあります。自信の不足や恥ずかしさが学習の障害となることがあります。

これらの理由に関しては、ポジティブな学習環境や方法の変更、文化的な理解を深めることなどが、外国語学習の改善に寄与する可能性があります。個々の学習者に対するアプローチは異なるため、柔軟性を持ってアプローチすることが重要です。

日本において英語スキルが重要な職種

日本において英語のスキルが重要な職種は多岐にわたります。以下に、特に英語スキルが求められる職種の一部を挙げてみます。ただし、これはあくまで例であり、業界や企業によって求められるスキルは異なります。

  1. 国際ビジネス担当者:
    • 外国企業との交渉や国際的なクライアントとのコミュニケーションが主要な業務となるため、高度な英語スキルが求められます。
  2. 外資系企業でのポジション:
    • 外資系企業の日本法人で働く場合、英語はビジネスコミュニケーションの共通言語となることがあります。営業、マーケティング、人事、財務経理など、多岐にわたります。
  3. エグゼクティブアシスタント:
    • 重要なポジションにおいて、国際的なコミュニケーションをサポートするエグゼクティブアシスタントには、高い英語スキルが期待されることがあります。
  4. 翻訳者・通訳者:
    • 外国企業や国際的なイベントでの通訳や、文書の翻訳を担当する職種。高度な語学スキルと専門的な知識が求められます。
  5. IT関連職:
    • IT分野では、英語を使った技術文書の読解や、国際的な開発チームとのコミュニケーションが必要です。ソフトウェアエンジニアやプロジェクトマネージャーなどが該当します。
  6. マーケティングおよび広報担当者:
    • グローバルな市場に向けて製品やサービスをプロモーションする際、英語による広告やキャンペーンの企画・実施が必要な場合があります。
  7. 教育・研究関連:
    • 大学や研究機関での研究者や教育者は、国際的な学術コミュニティとの交流や論文執筆、国際カンファレンスへの参加などで英語が不可欠です。

これらの職種では、英語スキルが求められるだけでなく、異文化理解や国際的なビジネス環境に適応できる能力も重要です。英語スキルを活かしてキャリアを築くためには、実践的な経験やスキルの向上が大切です。

日本の外資系企業において英語の使用頻度が高い部署

日本の外資系企業において英語の使用頻度が高い部署は多岐にわたりますが、以下にいくつかの具体例を挙げてみます。ただし、企業や業界によって異なるため、一般的な傾向として考えてください。

  1. 国際営業部門:
    • 国際営業部門では、外国のクライアントや取引先とのコミュニケーションが頻繁に発生します。英語はビジネス会話や契約交渉、プレゼンテーションなどでよく使用されます。
  2. グローバルマーケティングチーム:
    • グローバルマーケティングチームでは、異なる国や地域向けにキャンペーンやプロモーションを企画・実施するため、英語が主要なコミュニケーション言語となります。
  3. 人事・リクルーティング部門:
    • 外資系企業では、多様な国からの人材採用や異なる文化背景を持つ社員のサポートが求められるため、人事やリクルート担当者は英語を頻繁に使用します。
  4. 法務部門:
    • 法務部門では、国際的な契約の取り交わしや法的ドキュメンテーションの作成が必要です。外国の法律事務所やクライアントとの連絡も英語で行われることがあります。
  5. IT・テクノロジーチーム:
    • グローバルな開発プロジェクトや国際的な技術会議に参加するため、IT・テクノロジーチームでは英語が頻繁に使われます。また、技術文書やコードのドキュメンテーションも英語が一般的です。
  6. グローバル・コーポレートコミュニケーション部門:
    • 企業全体の広報やコミュニケーション戦略を担当する部門では、異なる国のメディアやステークホルダーとの連絡が発生するため、英語スキルが求められます。

これらの部署では、英語がビジネスコミュニケーションの主要な手段となり、国際的な業務を円滑に進めるために不可欠です。求められる英語スキルの程度はポジションにより異なりますが、高いレベルの英語スキルはこれらの部署での成功に寄与します。
 また、私は外資系企業にて、主に経理財務部門でキャリアを経験しましたが、上位ポジションになればなるほど英語の使用は増えました。最後のキャリア、アジア統括のCFOのときは、業務のおおよそ50%程度が英語でした。

外資系企業で求められる英語力指標TOEICの具体的スコアとその職種

日本のビジネスシーンで英語力指標として広く使われているTOEICスコアの具体的な求められるレベルは、企業や職種によって異なります。一般的に、TOEICのスコアが求められるポジションでは、特定のスコア以上を持っていることが望ましいとされることがあります。ただし、これはあくまで一般的な傾向であり、企業ごとに異なることに注意してください。

以下は、あくまで一般的な目安としてのTOEICスコアと職種の関係についての例です。ただし、これはあくまで一般的な目安であり、企業の具体的な要件によって変動します。

  1. 初級レベル(TOEIC 550 – 700程度):
    • 一般的な業務や事務職、製造業の一般的なポジション。基本的なビジネスコミュニケーションが求められるが、高度な英語スキルは必須ではない。
  2. 中級レベル(TOEIC 700 – 850程度):
    • 営業、カスタマーサポート、一般的なマネジメントポジション。ビジネス英語によるコミュニケーションやクライアント対応が主要な業務。
  3. 上級レベル(TOEIC 850 – 950程度):
    • 国際営業、法務、経営企画など、高度なビジネススキルや専門的な英語スキルが求められる職種。
      私の公開テストスコアは860で、IP(会社での団体受験)は900位でした(スコアカード紛失のため記憶では)最近のTOEIC事情は詳しくありませんが、IPの方が少し優しく感じた記憶があります。会場の雰囲気とかが影響しているのかもしれませんが。そのスコアでアジア統括CFOを務めさせて頂きました。企業により求められる英語力も異なりますし、スコアが高いから業務遂行能力が高いとも限らないので、スコアはあくまで目安だと思います。ですが、基礎英語力はどの程度あるか?を判断する材料にはなると思います。採用時には一応スコアは参考にしていました。
  4. 上級以上(TOEIC 950以上):
    • グローバルマネジメント、翻訳者、国際的な戦略立案担当者など、高度な国際ビジネスや特殊な分野でのポジション。高度な言語スキルが求められます。

これらは一般的な傾向であり、企業の採用基準や職務の性格によって変動します。求められるスキルやスコアは企業の求人情報や採用担当者との面談などを通じて確認することが重要です。

まとめ

 言語スキルはグローバルなビジネス環境で企業が競争に勝つための不可欠な要素です。言語スキルを戦略的に活用することで、国際的な市場での展開やグローバルなチームビルディングにおいて優位性を発揮できます。
 特にグローバル言語である英語を身につけることにより、よりキャリアアップへの道が広がります。どの職種で英語が使われるのか、それを念頭に学習を勧めることがモチベーションの一つとなると思います。

当メディア管理人
じょう

大学卒業後、日系の経理部員からキャリアをスタートし、欧米、台湾など主に外資系にて転職を経験。その間、マネージャーからCFOへと着実にキャリアアップを実現。
 定年後、会社設立し定年ぼっち起業。キャリアアップ経験、人事部ではなく採用部門側として700人以上の経歴確認や300人以上の採用面接の経験、求職側と採用側の両方の経験などを活かしたキャリアアップ支援を実施中。また、中小企業診断士、ITコーディネーター、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を活かした個人のライフ・バリュー・アップをサポート中。2024年4月国家資格キャリアコンサルタント合格。
 このサイトでは、「キャリア=ライフ・バリュー」と捉え、「自分らしくキャリアアップをしながら、ライフバリューアップを目指している人に向けてのコンシェルジュ」を目指して、情報を発信中。

じょうをフォローする
キャリア
じょうをフォローする
タイトルとURLをコピーしました