キャリアアップとは?その戦略と計画のポイント

キャリア

 キャリアアップとは、個人が職業やキャリアにおいて進歩し、成長するプロセスを指します。これは、組織内での昇進や賃金の増加、専門的なスキルや知識の向上、新しい職務や責任の獲得など、さまざまな形で現れることがあります。
 キャリアアップは、個人の職業的な目標を達成し、より成功や満足感を感じるために追求されることが一般的です。例えば、組織におけるポジションを上げることを成功と考える人もいますし、業務の専門性を追求し高い満足感を得ることを追求する方もいます。
 このようにキャリアアップについては、個人個人の価値観によって異なりますので、自分にとってキャリアアップとは?を考えることがとても大切です。

キャリアアップの具体的な方法やステップ

 キャリアアップの具体的な方法やステップは、個人の目標や選択したキャリアパスに依存します。一般的なアプローチには以下の要素が含まれます。

  1. スキルの向上:
     新しいスキルや知識を習得し、既存のスキルを向上させることが、職業での成功につながります。継続的な学習やトレーニングが重要です。
  2. 目標設定:
     キャリアアップのために明確な目標を設定し、それらの目標に向かって努力することが大切です。
  3. プロモーション昇進:
     組織内での昇進やプロモーションを追求することが、キャリアアップの一部として考えられます。これには、成功したプロジェクトへの貢献やリーダーシップの展示が関与します。「キャリアアップ=昇進、昇格、ポジションを上げる」と捉えている方が多いと感じます。
  4. ネットワーキング:
     様々なネットワークを構築し、他の専門家や異業種などとのつながりを築くことで、新しい機会や情報にアクセスしやすくなります。このことがキャリアアップにつながることが多いです。外的刺激を受けて自己成長する
  5. 自己マーケティング:
     自分の強みや実績を適切に伝え、上司や同僚、他の関係者に自己ブランディングを行うことがキャリアアップに役立ちます。自身のプロモーションとも言うことができます。

キャリアアップは個人のキャリアゴールや価値観に合わせて異なる形を取ることがあります。キャリアアップの過程は、自己認識(自己概念)と計画(キャリアプラン)がとても重要です。

キャリアアップ戦略と計画の立て方のポイント

 キャリアアップの戦略と計画を立てることは、個人が自分のキャリア目標を達成し、職業的成長を促進するために非常に重要です。以下は、キャリアアップの戦略と計画を立てる際のステップと考慮すべき要点です。

  1. 目標の設定:
    • まず、具体的で実現可能なキャリア目標(キャリアプラン)を明確に設定します。どのようなポジションや役割を達成したいのかを考えましょう。目標は短期目標と長期目標に分け、明確なタイムライン(おおよその目標スケジュール)を設定しましょう。
  2. スキルの評価:
    • 自分の強みと改善が必要なスキルを評価します。どのスキルを持っているのか、どのスキルが不足しているのかを把握することは、計画を立てる上で基本です。スキルは今までの経験や保有資格と目標との関連性について評価することが重要です。
  3. 学習とトレーニング:
    • スキルの不足を埋めるために、必要なトレーニングや学習プログラムを見つけ、参加します。これには、職場外での研修、オンラインコース、専門家からのメンターシップなどが含まれます。
       また、スキルにあった関連資格取得も含まれます。最近はオンラインによる学習や無料コンテンツがたくさんありますが、自分に合った方法を見つけることが大切です。
  4. プロモーション戦略:
    • 昇進や昇格などプロモーションを追求する場合、それを達成するための戦略を考えます。これには、成功したプロジェクトに参加、リーダーシップの発揮、上司とのコミュニケーションなどが自己のアピールポイントの整理が必要です。自己ブランデイングの追求です。
  5. ネットワーキング:
    • 様々なネットワークを構築し、業界内の重要な関係者とのつながりを強化します。業界イベント、セミナー、カンファレンスへの参加や、ソーシャルメディアを活用することが役立ちます。最近ではソーシャルメディアSNSを活用した様々なネットワークがあるので、活用してみましょう。
  6. 自己マーケティング:
    • 自分の強みや実績を適切に伝える方法を開発し、上司や同僚、他の関係者に自己ブランディングを行います。効果的なコミュニケーションスキルも重要です。自身の効果的なプロモーション戦略を考えることが大切です。
  7. プランの実行とモニタリング:
    • 計画を実行し、進捗をモニタリングします。途中で調整が必要な場合に調整し、達成度を確認しましょう。立案したキャリアプランに対して、時々進捗状況を評価してみましょう。そのとき修正が必要であれば、ためらわずにアクションの変更や調整をすることが重要です。
  8. フィードバックと評価:
    • 上司や同僚からのフィードバックを受け入れ、自身の成長と改善を継続的に評価します。必要に応じてアクションを調整します。上司や同僚からのフィードバックはとても貴重です。フィードバック内容を真摯に受け止め、自身の問題点や改善点が見つかれば運が良いと思い、積極的に改善に取り組みましょう。
  9. ワークライフバランス:
    • キャリアアップの計画を立てる際に、ワークライフバランスを確保し、健康と幸福を維持することも忘れずに考慮しましょう。健康あってのキャリアアップです。健康を害するとキャリアプランの変更や修正につながります、健康第一を強く意識しましょう。

 キャリアアップの戦略と計画は個人によって異なりますが、上記のステップを参考にすることで、自分の目標に向かって進むための道筋を作成できます。計画の柔軟性と調整能力も重要で、変化に対応しながら進んでいくことが成功の鍵です。

まとめ

 キャリアアップとは、個人が職業やキャリアにおいて進歩し、成長するプロセスを指しますが、その目指すところは、個人個人の価値観によって異なります。私は、キャリアアップ=人生設計そのもの と捉えると、自分自身に真摯に向き合う必要と直面し、そのことで自身の目指すキャリアがより明確になっていくと考えています。
 キャリアアップのための具体的なステップやポイントは多々ありますが、まずは自分自身に向き合い、自己概念・理解を深める、それがとても大切なスタート、キャリアアップの第一歩だと思います。

自己概念については本ブログ以下参照ください。
「キャリアコンサルティングにおける自己概念」
https://n-dra.com/self-consept/

当メディア管理人
じょう

大学卒業後、日系の経理部員からキャリアをスタートし、欧米、台湾など主に外資系にて転職を経験。その間、マネージャーからCFOへと着実にキャリアアップを実現。
 定年後、会社設立し定年ぼっち起業。キャリアアップ経験、人事部ではなく採用部門側として700人以上の経歴確認や300人以上の採用面接の経験、求職側と採用側の両方の経験などを活かしたキャリアアップ支援を実施中。また、中小企業診断士、ITコーディネーター、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を活かした個人のライフ・バリュー・アップをサポート中。2024年4月国家資格キャリアコンサルタント合格。
 このサイトでは、「キャリア=ライフ・バリュー」と捉え、「自分らしくキャリアアップをしながら、ライフバリューアップを目指している人に向けてのコンシェルジュ」を目指して、情報を発信中。

じょうをフォローする
キャリア
じょうをフォローする
タイトルとURLをコピーしました