【キャリアアップ】重要スキルその2:問題解決力

おすすめの本

キャリアアップのための重要スキル20選、その2は問題解決力です。問題解決力を身につけるためのステップや具体例、ツールの一つであるマインドマップの紹介、参考書籍の紹介です。

問題解決力を身につけるためには

問題解決力を身につけるためには、以下のステップを踏むことが重要です。

  1. 問題の理解:まず、問題が何であるかを明確に理解することが重要です。問題が何であり、なぜそれが問題であるのかを特定します。問題の背景や影響を考えることが役立ちます。
  2. 目標の設定:問題を解決するために達成したい具体的な目標を設定します。目標が明確であれば、解決策を見つけるための方向性が明確になります。
  3. 解決策の探索:可能な解決策を探索し、選択肢を考えます。クリエイティブな発想や異なる視点からのアプローチを探求することが大切です。ブレインストーミングやマインドマップ(↓説明あり)を使用してアイデアを整理すると良いでしょう。
  4. 解決策の実行:選択した解決策を実行するための計画を立てます。必要なリソースやステップを明確にし、行動に移します。この段階でチームや他の関係者と協力することも重要です。
  5. 結果の評価:解決策が問題を解決しているかどうかを定期的に評価し、必要に応じて修正や調整を行います。反復的なプロセスを通じて、より効果的な解決策を見つけることができます。

具体例として、以下のようなシナリオを考えてみましょう

課題:チームの生産性が低下している。

  1. 問題の理解:生産性の低下の原因を調査し、可能な要因を特定します。それはコミュニケーションの不足、タスクの優先順位の不明確さ、あるいは技術的な問題など、さまざまな要因が考えられます。
  2. 目標の設定:生産性向上の具体的な目標を設定します。例えば、1ヶ月以内にタスクの優先順位を明確化し、生産性を10%向上させることを目指すことができます。
  3. 解決策の探索:チームメンバーや他の関係者とのミーティングを通じて、生産性向上のためのアイデアを収集します。タスク管理ツールの導入、定期的なチームミーティングの設定、コミュニケーションチャンネルの改善など、様々な解決策を検討します。
  4. 解決策の実行:選択した解決策を実行するための計画を立てます。例えば、タスク管理ツールの導入にはトレーニングや導入計画の策定が必要です。また、定期的なチームミーティングのスケジュールを設定し、コミュニケーションを改善するための具体的な手法を決定します。
  5. 結果の評価:一定期間後に生産性の向上を評価し、達成した目標と比較します。生産性が向上している場合は、選択した解決策が効果的であると確認できます。一方で、目標が達成されていない場合は、他の解決策を検討し、プロセスを改善する必要があります。

マインドマップ活用方法

マインドマップは、情報を視覚的に整理し、理解しやすくするためのツールです。通常、中心となるテーマや問題を中心にして、その周囲に関連するアイデアや情報を枝分かれの形で結びつけていきます。マインドマップは、脳の非線形な思考プロセスに近い形で情報を表現することができるため、創造性や発想力を刺激し、問題解決やアイデアの整理に役立ちます。

マインドマップの活用方法は以下の通りです:

  1. アイデアの整理と発想:マインドマップを使用して、プロジェクトの概要やアイデアを整理します。中心にメインのテーマや目標を書き込み、それに関連するアイデアやサブトピックを枝分かれで追加していきます。これにより、関連する情報を一目で把握しやすくなり、新しいアイデアを発想しやすくなります。
  2. 問題解決:複雑な問題を解決する際にもマインドマップが役立ちます。問題の要因や影響を中心に書き込み、それらに関連する要素や解決策を追加していきます。マインドマップを使用することで、問題の全体像を把握しやすくなり、解決策を見つけやすくなります。
  3. プレゼンテーションの準備:マインドマップはプレゼンテーションの準備にも活用できます。プレゼンの構成や内容をマインドマップにまとめ、視覚的に整理したり、プレゼンテーションの流れを把握したりすることができます。また、プレゼンの際にマインドマップを使って、スムーズに話の流れをコントロールすることも可能です。
  4. ノートの作成:マインドマップは、複雑な情報や概念を整理するのに便利なツールとしても利用されます。講義やミーティングの内容をマインドマップにまとめることで、情報の整理や理解がしやすくなります。また、後で情報を振り返る際にも役立ちます。

これらの活用方法を通じて、マインドマップは情報の整理や理解を効率化し、創造性や発想力を刺激する重要なツールとして利用されています。

問題解決力を向上させるための参考書籍

『新装版 7つの習慣―成功には原則があった!』 – 著者: スティーブン・R・コヴィー

  • この書籍は世界中で広く読まれている自己啓発書の一つであり、問題解決力を身につけるための有益な情報が提供されています。著者は7つの習慣を通じて、効果的な問題解決の方法や行動の原則を解説しています。読者は自己啓発やリーダーシップの観点から問題解決力を高めるための洞察を得ることができます。
当メディア管理人
じょう

大学卒業後、日系の経理部員からキャリアをスタートし、欧米、台湾など主に外資系にて転職を経験。その間、マネージャーからCFOへと着実にキャリアアップを実現。
 定年後、会社設立し定年ぼっち起業。キャリアアップ経験、人事部ではなく採用部門側として700人以上の経歴確認や300人以上の採用面接の経験、求職側と採用側の両方の経験などを活かしたキャリアアップ支援を実施中。また、中小企業診断士、ITコーディネーター、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を活かした個人のライフ・バリュー・アップをサポート中。2024年4月国家資格キャリアコンサルタント合格。
 このサイトでは、「キャリア=ライフ・バリュー」と捉え、「自分らしくキャリアアップをしながら、ライフバリューアップを目指している人に向けてのコンシェルジュ」を目指して、情報を発信中。

じょうをフォローする
おすすめの本キャリアアップ
じょうをフォローする
タイトルとURLをコピーしました