【キャリアアップ】キャリアビジョン作成 長期目標の設定

キャリア

キャリアアップを達成するためには、明確なキャリアビジョンを持つことが極めて重要です。キャリアビジョンは、将来の自分自身の職業的な姿や目標についての明確なイメージを構築するプロセスであり、そのビジョンの構築には長期キャリア目標が不可欠です。
 今回の記事では、キャリアアップとキャリアビジョンと長期キャリア目標の関係について、長期キャリア目標がキャリアビジョン構築に重要な理由、長期的なキャリア目標の立て方、将来の姿のイメージ化するための10ステップ、について整理します。

キャリアアップ、キャリアビジョン、長期キャリア目標の関係

キャリアアップは単なる仕事の昇進だけでなく、個人が自身の職業的な進展を計画し、達成するプロセスです。しかし、この旅路を効果的かつ意義深く進むためには、まずキャリアビジョンの構築が必要です。

キャリアビジョンは、将来の自分の職業的な理想像を描くことであり、これによって個人は自らに求められる価値や達成すべき目標を鮮明に認識します。しかし、このビジョンの策定には具体的で現実的な長期キャリア目標が欠かせません。長期キャリア目標は、通常5年以上の期間を対象とし、現在のポジションから将来の理想的な状態に向けての具体的なステップや成果を明確にします。

例えば、将来のリーダーシップポジションに就く、専門的な分野で国際的な影響力を持つ、あるいは新しいビジネスを起こすといった目標は、個人が自身の成長と発展に向けて効果的な方向性を提供します。これらの目標を達成することで、キャリアビジョンは具体的かつ実現可能なものとなり、その実現に向けた計画や行動が具体的になります。

短期的な目標やプロジェクトは重要ですが、長期キャリア目標がなければ、個人のキャリアアップがあいまいで不確かなものとなりがちです。キャリアアップの道筋を描き、理想の未来像を具現化するためには、長期キャリア目標を策定し、それをキャリアビジョンに結びつけることが鍵となります。

  1. キャリアアップ:
    • キャリアアップは、個人が現在の職務や職位から、より高度で責任のあるポジションに進むプロセスです。これは通常、短期的な目標やステップを含みます。たとえば、昇進、プロジェクトリーダーシップ、新しいスキルの獲得などが含まれます。キャリアアップは、個人のスキルや経験を発展させ、次のキャリア段階への移行を可能にします。
  2. キャリアビジョン:
    • キャリアビジョンは、将来の自分の職業的な姿や目標についての明確なイメージを指します。これは中長期的な視点を持ち、個人が自身の価値観や興味に基づいてどのような方向に進みたいかを示します。キャリアビジョンは、個人が長期的な目標を設定し、それに向かって効果的に計画するのに役立ちます。
  3. 長期キャリア目標:
    • 長期キャリア目標は、通常、5年以上の期間を対象とし、キャリアの中で大きな成果や変革を求めるものです。これはキャリア全体を通して追求するものであり、キャリアアップやキャリアビジョンの一環となります。たとえば、特定のリーダーシップポジションに就く、新しいビジネスを立ち上げる、あるいは専門的な分野での国際的な影響力を持つなどが含まれます。

長期キャリア目標がキャリアビジョン構築に重要な理由

長期目標を設定することは、キャリアの成功において非常に重要です。以下は、長期目標がキャリアビジョンを構築する上でなぜ重要か?の理由です。

  1. 方向性を提供する:
    長期目標は、将来の方向性を提供します。明確な目標がなければ、キャリアの進化がランダムで不確かなものになりがちです。目標があることで、どの方向に進むべきかを理解し、それに向かってステップを踏むことができます。
  2. モチベーションを維持する:
    長期目標は、モチベーションを高める重要な要素です。目標が明確で意味のあるものであれば、仕事において困難な状況に遭遇しても、それを乗り越えるための動機づけとなります。
  3. スキルと経験の構築:
    長期目標を持つことで、それに到達するために必要なスキルや経験を積む方針を立てやすくなります。これにより、日々の仕事や学習活動が具体的かつ意味のあるものになります。
  4. 自己評価の基準:
    長期目標は、自己評価の基準となります。自分がどの程度目標に近づいているかを確認することで、自己成長の進捗をモニタリングできます。これは、適切なフィードバックを得るためにも重要です。
  5. リーダーシップと計画力の向上:
    長期目標を設定し、それに向けて計画を立てることは、リーダーシップと計画力を向上させます。ビジョンを描き、計画を遂行する能力は、キャリアの中でのリーダーシップの発展に不可欠です。
  6. 満足感と充実感:
    長期目標の達成は、個人にとっての満足感と充実感をもたらします。将来のビジョンに向かって進むことで、仕事に対する意義を感じ、生活全体において満足度が向上します。

このように、長期目標はキャリアの方向性を定め、モチベーションを提供し、自己成長を促進するために欠かせないものです。これにより、充実したキャリアを築くための基盤が整います。

長期的なキャリア目標の立て方 10ステップ

長期的なキャリア目標を設定する際には、以下の手順が役立ちます。

  1. 自己評価と自己理解:
    • 自分の強みや弱み、興味、価値観を明確に理解します。
    • 過去の成功体験や満足した経験を振り返ります。
      参考:本サイト 自己理解を深める https://n-dra.com/self/
  2. ビジョンのイメージ化:
    • 5年後、10年後に自分がどのような姿になっていたいかを漠然とでも良いのでイメージします。
    • そのビジョンがどれだけリアリティに基づいているかを考えます。
  3. 興味と情熱の特定:
    • 自分が本当に情熱を傾けたい分野や仕事が何かを洗い出します。
    • 興味を持って取り組むことで、モチベーションを維持しやすくなります。
  4. 価値観の確認:
    • 自分の重要視する価値観を整理し、それに基づいてどのようなキャリアが合致するかを考えます。
    • 仕事と生活のバランス、意義のある仕事などを考慮します。
  5. スキルと資格の整理:
    • 目標達成に必要なスキルや資格を洗い出します。
    • どのようにしてそれらを磨いていくかを計画します。
  6. 市場の調査:
    • 選択した分野や職種の市場動向を調査し、将来的に求められるスキルやトレンドを理解します。
    • 自分の目標が実現可能かどうかを検討します。
  7. 段階的な目標の設定:
    • 長期目標を5年、10年後に設定し、それを達成するための中間目標を設定します。
    • 目標を小さなステップに分解することで、達成感を感じやすくなります。
  8. 計画の立案:
    • 目標達成のために必要な行動計画を立てます。
    • スケジュールや期限を設定し、進捗をモニタリングする方法を考えます。
  9. フィードバックの受け入れ:
    • 進捗を定期的に評価し、必要であれば計画の修正を行います。
    • フィードバックを受け入れ、成長に活かします。
  10. 柔軟性と適応力の確保:
    • 環境の変化や予期せぬ出来事に対処する柔軟性を持ちます。
    • 目標の修正や変更が必要な場合は、臆せず適応します。

これらの手順を通じて、長期的なキャリア目標をより具体的かつ実現可能なものにすることができます。目標が具体的で現実的であれば、モチベーションが高まり、成果を上げやすくなります。

将来の姿のイメージ化するための10ステップ

将来の姿を具体的にイメージ化するためには、以下のステップを考えてみると良いでしょう。

  1. ビジョンのイメージ化:
    • どのような職業に従事しているか、どのようなポジションにいるかを具体的に想像してみてください。
    • その仕事が提供する挑戦ややりがい、経験について考えます。
  2. ライフスタイルの想像:
    • 仕事以外の面でも、将来のライフスタイルを考えます。住んでいる場所、家庭生活、趣味など、自分にとって理想的な生活を想像します。
  3. 業界や分野の選定:
    • どの産業や分野に進むかを具体的に選びます。自分が興味を抱き、情熱を注げる分野を特定します。
  4. スキルや資格の取得:
    • 想像したビジョンを実現するために必要なスキルや資格を考えます。これによって、具体的な行動計画を策定できます。
  5. 仕事の環境と文化:
    • どのような仕事環境で働きたいか、組織の文化や価値観がどのようなものであるかを具体的に考えます。
  6. 職務内容の詳細:
    • イメージした仕事において、日々の具体的な業務内容や責任を考えます。どのようなプロジェクトに携わり、どのような成果を上げたいかを描き出します。
  7. キャリアの成長と進化:
    • 将来のビジョンにおいて、キャリアがどのように成長し進化していくかを考えます。昇進やリーダーシップの機会についても検討します。
  8. 仕事とプライベートの調和:
    • 仕事とプライベートのバランスがどのように取れるかを考え、理想的な調和のとれた生活をイメージします。
  9. 価値観とモチベーション:
    • その仕事が自分の価値観に合致し、モチベーションを維持できるかどうかを確認します。
  10. 具体的な目標の設定:
    • 長期的な目標を設定し、それに向けての中間目標やステップを具体的に考えます。

これらのステップを踏むことで、将来の姿をより具体的に描くことができます。このビジョンが明確になると、目標設定や計画策定がしやすくなります。

まとめ

 キャリアアップ、キャリアビジョン、および長期キャリア目標は、個人の職業的な発展において関連しており、これらの概念は相互に影響し合い、個人が職業的な成功を達成するために統合的な計画を策定するのに役立ちます。
 キャリアアップは短期的な成功に焦点を当て、キャリアビジョンは中長期的な進化を示し、長期キャリア目標はこれらを支える大局的な目標を形成します。
 まずは、「将来の姿のイメージ化する」ことから始め、長期キャリア目標を立てるスタートをしてみましょう。

当メディア管理人
じょう

大学卒業後、日系の経理部員からキャリアをスタートし、欧米、台湾など主に外資系にて転職を経験。その間、マネージャーからCFOへと着実にキャリアアップを実現。
 定年後、会社設立し定年ぼっち起業。キャリアアップ経験、人事部ではなく採用部門側として700人以上の経歴確認や300人以上の採用面接の経験、求職側と採用側の両方の経験などを活かしたキャリアアップ支援を実施中。また、中小企業診断士、ITコーディネーター、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を活かした個人のライフ・バリュー・アップをサポート中。2024年4月国家資格キャリアコンサルタント合格。
 このサイトでは、「キャリア=ライフ・バリュー」と捉え、「自分らしくキャリアアップをしながら、ライフバリューアップを目指している人に向けてのコンシェルジュ」を目指して、情報を発信中。

じょうをフォローする
キャリア
じょうをフォローする
タイトルとURLをコピーしました